スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城を盗る話

ちょっと前になりますが、連日出張が重なったときに手に入れた一冊をご紹介。

「国を盗る話」:司馬遼太郎氏

時は安土桃山時代。
太閤秀吉は亡くなり、後を任された徳川家がいよいよ天下を我が物にせんと動き出している関が原前夜のお話です。

石田方の上杉家と、徳川方の伊達家が、いまの福島県あたりで主導権を争っています。
どちらも決め手に欠け、領地争いにまではならないものの、不穏な雰囲気。
そこに、伊達方が城を作っているとのうわさが・・・。

城を作り上げられてしまうと、徳川と伊達との挟撃にあい、上杉方は苦しくなります。かといって豊臣の世の中で勝手に伊達領に攻め込むわけにもいきません。

そこに現れたのが、佐竹家から出奔してきた車斯忠が、
「俺が城を盗ってやろう」と上杉に持ちかけます。
持ちかけられたのが上杉家の家臣岡左内。ちょっと小太りなひとのいいおっちゃんです。

勝手気ままな車斯忠に、人のいい岡左内が振り回されつつも、伊達領内に潜入し、工作をはじめますが・・・。

前代未聞の「数人で城を盗る」という子供じみたやんちゃな夢を、いかにして進めるか。
ある意味、ガキ大将にも似た車斯忠の活躍と、周りの人間の機微がやはり司馬さんの筆にかかると生き生きと動き出します。

最後は読んでのお楽しみです。


どうやら、石原裕次郎がこの作品にほれ込んで映画化までされてるみたいですね。
それと、この作品、最近まで再販されてなかったようですので、司馬遼太郎ファンでも読んだ人は多くないみたい。

これから暑くなりそうな夏の夜にいかがですか?
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

あたらしいカテゴリ「読書」を作ってみたよ

ブログのカテゴリに新しく「読書」ってのを作ってみました。
読書感想でも書こうかなという魂胆です。

だってさ、「はんなり」と銘打ったこのブログですが、
毎日はんなりしたことがあるわけでもなく。

ていうか、べつにはんなりしたこと書いてるわけでもないもんね!
心意気っていうことでとりあえずまとめときましょう。

日々はんなりしたいという心意気。

うん、なんかいいこと言った気分になったところで本題に移ります(自画自賛)。


さて、みなさんご存知のとおり、僕の一番の楽しみは読書なわけです。
どんなジャンルをよく読むのかというと、

漫画でしょ、コミックでしょ、マンガでしょ・・・。
絵のついた本が大好きです!

というのは、半分冗談でして。

SFとファンタジーがメインで、ときおり時代小説が気になります。
どれもハードなのからライトなのまで特に選んだりしてません。

そんな僕の本の選び方は、
直感です。

タイトルと表紙から、なにか感じるところがあれば立ち読みしたり、
衝動的に買っちゃったり。
それでも意外とはずれは少ないです。

こないだも一冊本を買っちゃいました。

「しゃばけ」

一応、時代小説になるのかな。
話はこんな感じ。

時は江戸時代。

体が弱く、寝込みがちな一太郎は、江戸でも有数の商家長崎屋の若旦那。
若旦那にはひたすら甘い両親と二人の兄やにかこまれて暮らしています。
外にでるより部屋の中で寝込んでることが多いような若旦那ですが、
部屋で寂しい思いをしているかといえば、そうではありません。

部屋の中には、屏風の絵が抜け出てきた「屏風のぞき」、
ぎしぎしと家をきしませる小鬼の「鳴家(やなり)」たち、

そしてなにかと若旦那の世話を焼く二人の兄やさんたちは、
犬神と白沢という名を持つ大妖です。

なんでこんなに妖怪にかこまれてるかというと、一太郎の祖母が
これまた「皮衣」という名の大妖、妖弧なのです。
とはいえ、一太郎自身には妖をみることはできてもこれといった
力はありません。
それどころか、並外れて弱い体のせいで、寝込んでばかり。
そんな一太郎が妖といっしょに身近でおきるちょっとした事件を、
すばらしい洞察で解決する。

そんなお話です。

なにやら暖かく、ほろっとなかせるようなお話が詰まったこの本の
紹介をしたかったのですが、それはまた明日にしましょ。

今日はとりあえず、カテゴリを作ったことに満足、満足。
まる

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

ゑるろゐ

Author:ゑるろゐ
日々の徒然をのんびりと。

日記だったり読書報告だったり。
そんなかんじ。

本棚はこちら↓
http://booklog.jp/users/Elroy

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。